英会話基本

身につかない人の英会話の勉強法

TOEICや英検で良いスコアを上げているにも拘らず、英会話力が無い、もしくは英語を話すと片言になってしまう人がいます。 どうしてでしょうか?

TOEICで高得点を取る事が出来る位勉強をしっかりしているはずなのに、 実際に会話をする時になると思っている事が伝わらない場合はいくつか原因があります。

勉強法が偏っているため、きちんと英語が発音出来ない。何を言っているのか分からない。(リスニング力が無い) または、英語を読む事は出来ても、話すとなると会話で使われる表現やイディオムを全く知らないので、ちょっとした質問にも答えられない、 そういった状況になる事があります。

文法やリーディングや単語の暗記ばかりしていても実践的な英会話力がついていないのは、 日本の学校教育で良しとされている英語力しか身に付いていない場合が多いです。

英会話の基本:口語表現

日本語でもそうですが、口語表現を学ばない限り英会話力は向上して行きません。
英語で書かれた本が読めるのに、会話で何を言われているのか分からないのは口語表現の意味が分かっていない場合もあります。 口語でよく使われる表現は、必ずしも日本の英語教育で登場する訳ではないので、 自分でその部分を勉強する必要が出てきます。

ただ単語を暗記して詰め込んでいる人は、その時間を口語表現を暗記してしまうやり方に切り替えてみましょう。 実際によく使われる表現の仕方を覚えて、徐々にそのバラエティを広げて使いこなせるようになるようにセンテンスで覚えた方が、英会話力は向上します。

英会話の基本:リスニング

話しが聞けない人が、喋れる訳が無いのは当然です。
何を言っているのか分からなければ言葉のキャッチボールは成り立たないし、 そもそもリスニング出来ないというのなら、リスニングの学習が全く足りていない事になります。

自分がとの程度のリスニング力があるのかは、英語の放送(ニュース、ドラマ、アニメ、映画など)を聞けばすぐに分かります。 何を言っているのかまったく理解出来ない場合は、まずはリスニングの学習から始めましょう。 リスニングの学習の仕方はこちらから

英会話の基本:スピーキング力を上げる

英語のどんな本でも良いので、まずは声に出して音読して行く練習をしてみましょう。 発音が全く分からなくてカタカナ発音をしてしまう人は発音を練習する必要があります。 発音についてはこちらをどうぞ。

会話は相手があっての事なので、相手が聞き取れないような発音だと会話は成り立ちません。 国語の時間に音読をしていたのを思い出して、同じように英語の音読をする時間を増やしてみましょう。 英語がスムーズに口をついて出て来るようになるには、喋る事に慣れる必要があります。

英語学習の偏りを無くす

英語学習の偏りを無くせば、英会話力を向上させる事ができます。 まずは自分の学習法を見直して、まんべんなく聞く、話す、読む、書く学習して行くようにしましょう。