英会話基本

なかなか英会話が上達しない

一生懸命勉強しているのに、留学しているのになかなか英会話が上達しない人がいます。 どうしてでしょうか?

英会話が上達しない人にはいくつか特徴があります。
頑張っているのになかなか上達しない、という人はやるべき事が間違っている場合があるので、一度自分の勉強法を見直してみましょう。

英語の勉強法が偏っている

どこから手をつければ英会話力が上がるのか分からなくて、今まで学校でやっていた事をかたくなに信じて実戦している人がいます。
単語を詰め込む、文法を盲信する、大学受験では大いに成果が出るかもしれませんが、 そのやり方が仇になって日本人は英会話力が身に付かないと言う変な状況が起きています。

詰め込んでも実戦で使わなければ、その単語の使われる状況も身に付きません。 また、同じ言葉でも言い方で意味が変わる事もあります。そういう微妙なニュアンスは使って行く事でしか身に付いて行きません。
会話というのは生き物です。流行言葉もあれば、口語だけで使われる表現もあります。 実際に会話をしているドラマやアニメなどのリスニングを始めるなど、 会話文に慣れて行く必要があります。

恥ずかしがる、間違う事を怖がる、発音を気にする

英語が第二外国語な人にとって、いい間違いや発音間違いは当たり前の事です。
英会話勉強中だから間違えて当たり前なのに、恥ずかしがってしまう人がいます。

日本語がたどたどしい外国人がテレビで『面白い』と取り上げられたりしますが、 日本人が慣れない英語を喋れば同じように相手も面白いと思う訳です。 笑われたり、からかわれたりする事がありますが、気にせずにどんどん話しかける、 そうしているうちに相手もからかうのを止めて発音の矯正を協力してくれたりします。

発音の練習をしない

日本人にとって、英語の発音が難しいのは当たり前です。
英語は日本語にない音があるし、ひらがなと違って同じアルファベットでも違う音で発音するなど、かなり厄介です。

日本人が一番手を抜いてしまうのがこの発音の部分です。
でも残念な事にある程度発音を矯正しないと日本にいるカタカナ発音に慣れた英語ネイティブは別として、 カタカナ発音ではまったく通じません。
発音を完璧にネイティブの発音にする必要はありませんが、 ちゃんと音を意識して発音する訓練が必要です。 音や強弱を意識して発音して行く事で、次第に英語のリズムが身に付いて行きます。

英語圏に長い事住んでいるのになかなか英語が上達しない人にこの傾向は多く見られます。
発音が改善されなければいつまでたっても英会話力は向上しないので、 英会話を上達させたい人は発音の練習をまず始めにしましょう。
発音についてのページもどうぞ。

日本語から英語に直すのを止める

日本語の表現を英語にしようとしても、同じ表現がない場合があります。
よって、似たような状況で英語ではどういう表現をするのかを知る必要があります。

考え方や共通意識の違いなどもあるので、無理やり日本語の発想で表現しても相手には意味が通りません。

翻訳などでも、直訳より意訳して日本人の考え方や表現の仕方を意識して意訳した方が 意味がすんなり理解出来る場合もあるように、日本語から英語に直訳で当てはめるより、 その表現の根底にある感情や意識を考えて表現を探した方が相手にしっくりする表現が見つかります。

本を読んだり、ドラマや映画を観たり、とにかく英語の表現に慣れて行く必要があります。 そして、英語で本を読む時にいちいち日本語に直して理解するのではなく、 英語のままで読み取れるように練習を積んで下さい。

英語ネイティブの人と喋る

英語ネイティブの人と喋るのは英会話習得の近道になります。

発音を直してもらったり、口語で使う表現を学んだり、 英語がスムーズに口をついて出て来るようになるには、実際に会話して喋る事に慣れる必要があります。
日本に居ながらにして英語ネイティブと会話をする機会を持つのはなかなか難しいと思いますが、 ある程度リスニング力や英会話の基本文が身に付いたら、 オンライン英会話 などを利用してみるという方法があります。

また、短期集中で英会話を習得したい、ある程度出費しても構わない、実際に英語環境に浸かってみたい、 という人は留学する、という方法もあります。 国内で英語を勉強するのと、英語を母国語とする人達の間で勉強するのとではかなり違いが出てきます。

英会話の勉強は持続力

海外で長い事英語を使っていてる人でも、試行錯誤しながら英会話の勉強を続けています。
会話は結局自分の思考している事を言葉に発するというのが基本です。 たとえ英語の発音はパーフェクトであっても、話しの内容を組み立てるのは本人の思考力です。
日常英会話といっても、日常生活で必要最低限な英会話から、趣味、政治、経済、トレンド、恋愛、人間関係、など 色々なトピックを喋る機会が出てきます。

英語が上達すればする程、逆に自分がまだまだだな、と思えるような場面に遭遇します。
どこまでものにしたいのかは人それぞれですが、継続して続ける事が大事です。