英会話基本

初心者の英会話勉強法

初心者の英会話勉強法について。

初心者はまずどこから勉強を始めたらいいのか、
どういう勉強法が必要なのか、少し説明します。

学校の英語クラスとは少し違った勉強法で、実戦で使える英会話を身に付けていきましょう。

初心者の英会話勉強法:まずは発音

まだ英語初心者なのなら、まずは発音の練習から始めましょう。
ヘタな癖がついてしまってからでは、発音の矯正をするのは一苦労です。
あなたが英語初心者なら、逆にラッキーです。なにはともあれ発音から訓練を始めましょう。

ネイティブの発音になる必要はないのですが、正確な音の発音、強弱やリズムを学ぶ事は英会話上達の近道です。
ここをおろそかにして来ている人が殆どで、後に読み・書き・リスニング力が向上しても、 話すと何を喋っているのか分からないカタカナ英語の人は沢山います。
発音の練習の仕方については、発音のページからどうぞ。
ネイティブの発音にこだわる必要は全くないのですが、 カタカナ発音はもってのほかです。通じません。

英会話の基本:リスニング

話しが聞けない人が、喋れる訳が無いのは当然です。
何を言っているのか分からなければ言葉のキャッチボールは成り立たないし、 そもそもリスニング出来ないというのなら、リスニングの学習が全く足りていない事になります。

自分がとの程度のリスニング力があるのかは、英語の放送(ニュース、ドラマ、アニメ、映画など)を聞けばすぐに分かります。 何を言っているのかまったく理解出来ない場合は、リスニングの学習も始めましょう。 リスニングの学習の仕方はこちらから

英会話の基本:中学校で習った単語の見直し

中学校で習った単語は英会話の基本中の基本です。

英語で実際に頻出する単語を中学校では習います。ですが、中学校ではその単語がどれだけ活用されているかをあまり習いません。
例えば、give, take, getなどの動詞は、いくつもの意味があり、 それを使ったイディオムが何十通りもあるような頻出単語です。

でも、中学校で習うのは限られた用法だけなので、実際に会話でどのように使われているのか学ぶ必要があります。
実際に一日の日常英会話で必ず何度も使われるような頻出単語は、自分がその意味と使い方がしっくりくるまでおさらいしましょう。

受験勉強のようにただただ英単語を詰め込んで行くような勉強法より、 頻出単語の応用をマスターする方が、日常英会話では即戦力があります。 初心者はまず、頻出単語からマスターして行きましょう。

英会話の基本:文法

日本の学校では文法に重点がおかれているので、文法を全く知らないという人はいないと思います。
忘れてしまった、基本的な文法を分かっていない、という人はもう一度おさらいをする必要がありますが、 基本的な文法を理解している人は、分からない部分が出た時だけ文法書を使う程度で良いと思います。

ただし、テストでは間違わないのに、実際に喋る時に時制がめちゃくちゃ、という人は割と多いです。
時制は基本中の基本なので、いちいち考えなくても正しい時制がすんなり口をついて出るくらいにマスターする必要があります。 英語の時制についてのページ

また、日本語では気にしなくていい冠詞 a, an, the 単数形・複数形も英語を喋る時にはついて回ります。
頭では分かっていても、喋る時に間違ってしまう事は多いので、しっくりくるまで復習しましょう。