英会話基本

英単語を覚えればいい??

大学受験に必要な英単語数は5000語前後といわれていますが、 実際の大学生の英語力を見れば分かるように、たとえそれだけの数の英単語を覚えていても、 日常英会話はさっぱりという人が殆どです。
 どうしてなのでしょうか?

大学受験には、何故か日常では使えないような「ビッグワード」を覚え込む必要があります。 確かに、英字新聞を読んだり英語圏の大学で勉強する場合はそういう単語も必要ですが、 日常英会話にはあまり登場して来ない事が多いです。

日本での英語教育は、日常英会話を丸無視して実践的な部分より学習的な部分ばかりを強調しているので、 英語の文章を読む事はできるけど、喋る事はできない、という学生達を作り上げてています。

日常英会話で必要になる英単語はそこまで数は必要はないのですが、 イディオムや基本文を覚え込む必要がでてきます。

英会話の基本:口語表現

日本語でもそうですが、英語でも口語表現は教科書にでて来る文章とかなり違います。 英語で書かれた本が読めるのに、会話で何を言われているのか分からないのは口語表現の意味が分かっていない場合もあります。 口語でよく使われる表現は、必ずしも日本の英語教育で登場する訳ではないので、 自分でその部分を勉強する必要が出てきます。

単語を知っているからといって英語が喋れるようになるわけではありません。 その単語がどういう風に文章の中で使われ、どういうイディオム表現があるのかまで覚える必要があります。 同じ単語でも、イディオムで何通りも違う意味や表現ができるので、 この単語はこういう意味、という覚え方をしても実際の英会話で意味が全く分からないという現象がおきてしまいます。

イディオム、会話表現

英会話にはしばしばイディオムが登場します。 また、口語で頻出する表現がかなりあります。そういう表現は知っていないと意味が分からないので、 覚え込む必要があります。
ただただ単語を暗記して行く人は、知っている単語を知っている文法で繋ぎ合わせれば会話が成り立つ、と思い込みがちですが、 表現を覚えていないと意味が全く通じない状態になってしまいます。
旅行するのに必要なくらいの英会話なら、身振り手振りと単語で十分かもしれませんが、 意思の疎通を会話だけで出来るレベルの英語力をつけたいのなら、表現をどんどん覚えて行く必要があります。

日常英会話のレベルをあげる単語力:単語数ではなく、基本的な単語の応用力

単語を丸暗記するのでなく、会話に使われる表現をどんどん覚えて行きましょう。
例えば、中学生で習う単語"take"にはいくつの意味があって、いくつのイディオムがあると思いますか?? (リンク先のページに、よく使われる意味と表現、イディオムがあります。)一つの単語で複数の意味を持つ重要な単語は、 中学生の時に習うような英単語に多いです。
ただ、その基本的な英単語の色々な使い方を知らないし覚えていないので、 英語力が膨らんで行かない状態のままでいることになってしまいます。
ただ単語を丸暗記する一面的な勉強法は捨てて、その単語を実際に使える表現法を学ぶ勉強法に切り替えましょう。

既に知っている基本的な単語で英会話力を広げる

小難しいビックワードをいくら知っていても、英会話力には繋がりません。 今知っている基本的な単語の応用の仕方を身に付けましょう。
基本的な単語なのに、実際に使い方を知らない単語の方が多いはずです。 基本的な単語(特に動詞)であればあるほど、様々な使い方や表現があります。
単語を詰め込む→表現を覚える勉強に切り替えてから、英会話力がぐんぐん伸びるはずです。

基本的な動詞の様々な意味や使い方は、 日常英会話基本動詞表現のページを参照してみて下さい。